教職員紹介

離散系数学

群、環、体と呼ばれる代数的構造や、語の組合せやグラフなどの離散的な構造、そしてアルゴリズムや計算複雑性、数理論理学などの理論的計算機科学を研究しています。
山村明弘(ヤマムラ アキヒロ)
Akihiro Yamamura
組合せ群論、代数的半群論などの代数構造の研究。暗号・認証技術を中心とした情報セキュリティと理論的計算機科学
専門分野
代数的半群論、組合せ群論、情報通信セキュリティ
主な担当科目
集合と論理、代数学II、代数学III、離散数学I、情報セキュリティ
個人のホームページ
http://crypto.ie.akita-u.ac.jp/yamamura.html
研究室のホームページ
http://crypto.ie.akita-u.ac.jp
FAZEKAS, SZILARD ZSOLT (フアゼカス シラード ゾルト)
staff_fazekas
Two of the hottest fields in computer science research are bioinformatics and web searching related issues. I try to focus on questions in both of these domains. My main research interests include bioinformatics and biologically inspired string operations, automata theory and combinatorics on words. One of the topics I am working on at present is trying to find molecular graphs from incomplete descriptions obtained from existing chemical compounds. Another current interest involves modeling the biological notion of hairpin formation with string operations, the so called hairpin completions. I am also investigating a new compression method based on an algebraic structure which involves binary strings and concatenation and a complementation based product operation. I plan on turning more and more towards current trends in bioinformatics and string algorithmic research building on string combinatorics experience.
専門分野
形式言語
主な担当科目
離散数学II、計算論I、計算論II

連続系数学

「連続系数学」グループでは, 連続に変化するものや現象の織りなす豊かな世界を研究対象にしています。ひとつは, 点の連続的なつながりである曲線, 曲面や, それらの高次元版である多様体の形や付加構造です(幾何学系の分野)。もうひとつは, いろいろな所から出発してジグザグに動く点たちが作る現象 (拡散現象, 熱伝導現象や確率過程) です(解析系の分野)。いずれの分野の対象も, 連続に動くたくさんの変数たちを使った式で表されます。
河上 肇 (カワカミ ハジメ)
Hajime Kawakami
主に逆問題を研究しています。例えば, スイカの中がどうなっているか分かっていれば, 叩いた時どんな音がするかは計算で分かります。でも, 叩いた音からスイカの中を推測するのは難しい。前者は順問題の例で, 後者は逆問題の例です。私は, 特に逆問題の中でも,「未知の形を推測する逆問題」を数学的に研究しています。
専門分野
形状推定逆問題、拡散方程式
主な担当科目
解析学II、解析学III、積分論
個人のホームページ
研究紹介と図の解説
小林 真人(コバヤシ マヒト)
Mahito Kobayashi
全貌を直接捉えることの困難な多様体の形を,平面や2次元球面,射影平面などに写像(投影)した際に発生する輪郭線(特異値曲線)に基づいて推測する研究をしています。たとえ目に見える図形でも,形を正確に解析するのには工夫が要ります。視認困難な空間曲線の0-捩れ点や平面曲線の変曲点の位置と数を射影変換(全周投影)で探す等の応用研究もしています。
専門分野
特異点論、写像による多様体の研究
主な担当科目
幾何学I、幾何学III、解析学I
中江 康晴 (ナカエ ヤスハル)
Yasuharu Nakae
位相幾何学、特に低次元多様体のトポロジーと葉層構造論
専門分野
低次元トポロジー、葉層構造論
主な担当科目
代数学I、幾何学II

理論物理学

物理学の研究対象は、素粒子・原子核をはじめ、原子や分子からなる様々な物質群、そして宇宙など、実に多岐にわたっています。物理学分野全体は、大まかに理論物理学と実験物理学の分野に分けることができますが、ここでは主に前者の教育と研究を行っています。実際の物理系やそれらが示す現象の特徴を抽出・抽象化した数理模型の記述方法や、それらの模型を解析するための数学的方法および数値計算手法などを学ぶことができます。
小野田 勝 (オノダ マサル)
staff_onoda
周期的な構造中を伝搬する電子や電磁波などの奇妙な振る舞いについて幾何学的な観点から研究しています。量子力学的な状態はヒルベルト空間と呼ばれる抽象的な空間における点として表すことができるのですが、それらの点同士の繋がりに見られる幾何学的特徴がどのような物理現象として現れてくるのかに興味を持っています。
専門分野
物性理論
主な担当科目
量子力学II、熱統計力学
山口 邦彦 (ヤマグチ クニヒコ)
staff_yamaguchi
層状物質における量子効果
専門分野
物性物理
主な担当科目
物性物理学、複素解析、微分方程式
田沼 慶忠 (タヌマ ヤスナリ)
staff_tanuma
不均一系の異方的超伝導体に関する研究
専門分野
物性物理
主な担当科目
電磁気学、量子力学I
三角 樹弘 (ミスミ タツヒロ)
staff_misumi
自然を構成する最小単位である素粒子の物理と、その記述方法である場の量子論について研究を行っています。
現代科学の柱である量子力学では位置や速度等の物理量が確定した値を持たずあやふやになりますが、素粒子を記述する場の量子論においては物の存在そのものが不確定になり、さまざまな興味深い現象を引き起こします。
専門分野
素粒子論、場の量子論
主な担当科目
物理数学、解析力学、量子力学演習
個人のホームページ
http://sht.phys.akita-u.ac.jp/misumi
研究紹介

 

(大学院)協力教員

大内 将也(教育文化学部)(オオウチ マサヤ)
簡約可能概均質ベクトル空間の分類(現在は、概均質ベクトル空間の構造と構成について興味をもって研究を行っています)
専門分野
代数学
主な担当科目
代数学特論Ⅲ・IV
佐々木 重雄(教育文化学部) (ササキ シゲオ)
代数学、離散数学、計算機科学についての基礎理論とその応用に関する教育 ・研究
専門分野
計算機科学
主な担当科目
計算機科学特論I・II
宇野 力(教育文化学部) (ウノ チカラ)
解析学、幾何学、位相幾何学についての基礎理論とその応用に関する教育・研究
専門分野
統計学
主な担当科目
統計数学特論I・II
山口 祥司(教育文化学部) (ヤマグチ ヨシカズ)
解析学、幾何学、位相幾何学についての基礎理論とその応用に関する教育・研究
専門分野
位相幾何学
主な担当科目
幾何学特論III・Ⅳ
原田 潤一(教育文化学部) (ハラダ ジュンイチ)
解析学、幾何学、位相幾何学についての基礎理論とその応用に関する教育・研究
専門分野
解析学
主な担当科目
解析学特論III・IV
林 正彦(教育文化学部) (ハヤシ マサヒコ)
固体中電子系やクォーク・グルーオン系などの量子多体系における相転移や輸送現象についての基礎理論とその応用に関する教育・研究
専門分野
理論物理学
主な担当科目
凝縮系物理学III・IV
専門分野
数学教育
主な担当科目
数学科教育法特論

 

(教職担当)協力教員

鈴木翔 (理工学研究科) (スズキ ショウ)
専門分野
教育社会学
主な担当科目
教師論、高等学校教育実習

 

技術系職員

数理コースでは,以下の技術系職員が,実験・実習などの指導や研究する学生の支援を行っています.
谷口 智行 (タニグチ トモユキ)

名誉教授

上柿 英二 (ウエガキ エイジ)
専門分野
原子核物理