数学、物理学、コンピュータサイエンスを学びたいなら…

数理科学を学んでエンジョイしよう

数学や物理学の問題が解けたときに爽快感を感じた方が多いと思います。数学や物理学を学ぶ際の醍醐味の一つです。また、何かを発見したり新しく考えだしたりすることが数理科学では重要です。当コースでは、少人数教育を実施し、わからなかったことがパッと分かる経験を繰り返しながら楽しく数学や物理学を学び、新しい何かを自発的に探す力を身に付けていきます。また、外国人教員による英語を使った授業によるグローバル社会への対応力を養い、数理科学分野の研究者の育成も視野に入れた教育を行います。

学生第一

秋田大学の理念である「学生の育成を第一に考える教育・研究活動」を展開します。自ら学び、生きる活力に満ちた人材を育成することを目指します。数理科学の分野で次代を担う学生たちを育てていくことを通じて地域に貢献します。

大学院進学について

大学院前期課程(数理・電気電子情報学専攻 数理科学コース)では、学部で学習した数学、理論物理学、計算機科学の専門性を発展させたカリキュラムを編成しています。数理科学の専門性をより深めて修士(理学)を取得できます。

大学院後期課程(総合理工学専攻 数理科学領域)では、数学、理論物理学、計算機科学を専門的に研究して、国内外の研究集会で活躍できる実力を身に付けて博士(理学)を取得できます。社会人の方も含めて広く志望者を募っています。

また、(高等学校教諭一種免許状を持ち)所定の単位を修得することで、高等学校教諭専修免許状(数学)を取得する事が出来ます。